ホーム » 投資顧問サービスにかかる費用およびリスクについて

投資顧問サービスにかかる費用およびリスクについて

費用について

当ウェブページは、直接的な勧誘を目的としたものではありません。将来的に投資顧問契約を行った場合、以下の諸費用が発生します。一般的な計算方法の概要は以下のとおりになりますが、お客様との契約内容によって料率は異なり、具体的な提示をすることはできません。

投資助言業および投資運用業の対価として、一般に、契約資産額に対して予め定めた料率(A%)の投資顧問報酬が契約期間に応じてかかります。
計算方法: 契約資産額×(A%)×契約期間日数/365=該当期間の投資顧問報酬
お客様との取り決めにより投資顧問報酬を成功報酬とする場合があります(また、上記との組み合わせとする場合もあります)。なお、成功報酬については、予め定めた基準等にもとづき実際の運用実績等に応じて投資顧問報酬が変動するほか、お客様と別途協議により取り決めさせていただくことから、事前に計算方法、上限額等を示すことができません。
投資顧問報酬とは別に、有価証券売買委託手数料や、有価証券の保管等に係る諸費用が費用として発生し、契約資産から控除されます。またこれらの費用は運用状況により変動するため事前に具体的な料率・上限額等を表示することができません。
投資一任契約内で、弊社の投資判断として投資信託を購入する場合があり、この場合は当該投資信託の購入にかかる費用(投資信託の運用報酬、及び販売会社・管理会社の費用の他、投資信託の換金に際し、信託財産留保額がかかる場合があります)が発生いたします。ただし、投資信託を購入する場合のうち、当該投資信託が当社が設定するものである場合、運用報酬の重複を防ぐために上記の投資顧問報酬の調整を行います。調整の計算方法は個別の契約で別途定めますが、投資顧問報酬金額から当該投資信託に係る運用報酬金額を控除することにより調整をいたします。

リスクについて

お客様のために行う金融商品取引行為については、株式、投資信託、公社債等に投資しますので、国内外の経済・政治情勢、金利変動、発行体の業績や財務状況の変化等の影響により、投資する株式等の価格が下落し、損失が生ずるおそれがあります。また、デリバティブ取引を使用することがあります。同取引は証拠金の金額以上のレバレッジを活用して行なうことから、原資産となる有価証券や指数等の変動によって価格も変動し、差し入れた証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。またこのレバレッジの比率は投資方針や国内外の市場環境の変化等により変わりますので事前に表示することができません。証拠金はデリバティブ取引を行なう期間、当社が妥当であると判断した金額を契約資産から預託いたします。
契約に際しては、当社からお渡しする「契約締結前交付書面」等の書類をよくお読み下さい。

コメントは受け付けていません。